投稿者アーカイブ: tuki

いよいよ、あと11日です。

しばらくご無沙汰しておりました。気がつけばイベントは来週末、あと11日に迫っております。

まず、ご報告が遅れましたが、オープニングアクトにはラピュシカに出演していただくことになりました。彼らは神戸のロックバンドで、とにかくそのかっこよさが好きなんですね。Be-Bさんに出ていただくにあたり関西の若手バンドをオープニングアクトとして呼ぼうと考えたとき、まっさきに浮かんだのが彼らでした。オープニングアクトながら、彼らのパワフルなステージならそのあとにしっかりつなげてくれると思っているので、そちらもぜひお見逃しなく。

Be-Bさんの紹介は以前行っておりましたので、今回は古家学さんのことも書いておきます。古家さんをはじめて知ったのは1997年の4月、当時聞いてたラジオ番組で「雨のピリオド」が流れてきたときでした。それから全然聞かず…だと思っていたのですが、アルバムを買ったのもすぐではなかったはずですし(99年くらいかなあ、神戸のCDショップで偶然見つけて買ってしまったのは)、2000年にMINAMI WHEELへ出演したときも見てましたし、そのときどきで「いいなあ」という思いは持っていたようです。

そのなかで今年に入ってからだったかな、なんとなく「最近どうしているのだろう」と思って調べてみるといまは和歌山で活動をされていることがわかります。そしてちょうどその時ライブ予定を見てみると和歌山まで行けそうな日があったので14年ぶりに見にいき、「いま」の古家さんを堪能させていただきました。そのときには自分のイベントに来ていただけるとは思ってもみなかったのですが、Be-Bさんを呼ぶ以上やはりしっかりとしたキャリアを持った方に来ていただきたくてオファーしたところ快諾をいただき、今回の出演となっております。

そんな3組で行われる夜は、すてきなものになるに違いありません。その空気を、ぜひとも共有していただければ非常にうれしく思います。
チケットの予約はこちらからでも行えます。どうぞよろしくお願いいたします。

「tuki no fuchi yo」開催概要

気がつけば、イベント開催まで2ヶ月ですね。あまりにもいろんなことができていなさすぎて戦慄すら覚えておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

そんななかですが、ようやく今回のイベントの開催概要を発表させていただきたいと思います。「開催にあたって」でも書きましたように、今回はBe-Bさんがデビュー20周年ということで大阪に来ていただくようにお願いしました。そのなかでどのような形にするかいろいろ考えつつ、最終的にはツーマンとオープニングアクトという形に落ち着きそうです。

まだ決まっていないこともありますが、そちらは決まり次第発表させていただきたいと思います。今回もすてきな夜にできるようかなりがんばっていきたいと思いますので、ぜひとも足をお運びいただければうれしいです。

「tuki no fuchi yo~Be-B 20th ANNIVERSARY~」
日程:2014年9月13日(土) 18:30開場 19:00開演
場所:塚本エレバティ
出演:
Be-B(和泉容)
古家学
他、オープニングアクトあり
料金:未定 決まり次第発表いたします。
(入場の際ドリンク代が別途必要になります)

まだ確定していない部分もありますので、それに関しては確定次第告知いたします。
なお、チケットに関してはこちらのページから受け付けます。

このような夜は二度とこないだろう、と自信を持って言えるものにしようと準備中です。よろしくお願いいたします。

「tuki no fuchi yo」開催にあたって

長らくお待たせいたしました。前回の開催から約1年半、ようやく9月13日に「tuki no fuchi yo」を開催させていただきます。

今回はすでにサブタイトルを発表しているように、Be-Bさんのデビュー20周年を(勝手に)記念しての開催となります。Be-Bさんをはじめて知ったのは高校生の頃、たぶん「MIDNIGHT ROCK CITY」という深夜番組を聞き始めたことですね。当時は本当にラジオばっかり聞いていて、「CHAGEのラジ王」から「奥井亜紀のまんたんミュージック」に、そこから横展開で水曜のあの番組へ…という流れだったと記憶しています。高校生だし毎日授業あったはずなのにな、あれだけずっと聞けていたのが今となっては信じられないですね。それから20年ですか、そりゃ私もいい歳になるはずですよ。

 そんなBe-Bさんもいつのまにか和泉容と名前を変え、いつしか表舞台からは姿を消してしまいました。それでも2003年ごろから活動を再開し、いまも都内のライブバーを中心に精力的にライブをこなしております。

前回「tuki no fuchi san」が終わったとき次回については「やりたいものが見つかったら」にしようと考えていました。それまでの3回でわかったこともあって、自分のなかで「次にイベントをすることがあれば、少なくとも自分では納得できるものをつくろう」という思いがかなり出てきたのですね。そして1年くらいはあまりイベントをしようという思いもなく過ぎていきました。

そして今年の年明けかな、とある掲示板でBe-Bさんがデビュー20周年をむかえることがわかります。それを見たとき、「ずっと都内を中心に活動してるBe-Bさんだし、今度のイベントで大阪へ呼んでみたい」という思いが生まれます。もともと彼女は京都でも1年ほどラジオ番組を持っており、彼女を見たくても見られない人だって少なくないと思うんですよ。ということで勢いにまかせてメールをお送りしたら快諾していただき、今回のイベントを開催する運びとなりました。

Be-Bさんの関西っていつ以来になるのでしょうか。おそらくは21世紀初になると思います。20年前にラジオの中だったかたをお呼びできるわけで、ある程度たっぷりの時間をお願いしようと思っていますし、他の出演者もそれに恥じないような方にしようとがんばっております。まずは9月13日、関西では久々の登場となるBe-Bさんをぜひとも見にいらしてください。

「tuki no fuchi san」ありがとうございました。

遅くなってしまいましたが、一昨日「tuki no fuchi san」が無事終了しました。ご覧いただいた皆様、気にかけていただいた皆様、どうもありがとうございました。

2日経ってから振り返ってみると、今回のイベントは「私のイベントとしての形」がある程度できてきたのかな、という気がしています。それはリハーサルとか打ち上げとかも含めてとはいえ、みなさんが見ていただいたものだけでも「イベントの流れ」がきれいにできていたな、と思って見ていました。

それはpara-diceという場所がそうさせたのか、このイベント自身にそんな雰囲気が流れているのかまではわかりませんでした。でも、またイベントをするときに「こういう感じにするんだ」という「帰る場所」になった、そんなイベントだったように思います。

今回の出演者は、ほとんどこのイベント前はお互いに面識のある人は1人くらいだったようです。それでもライブが終わってからの打ち上げではみんなで盛り上がりましたし、またその後もなにかがあるかもしれません。そんな「縁」をつなげられたことも、「このイベントをしてよかったな」と思っています。改めて、本当にありがとうございました。

PS. 個人ブログも更新しています。こちらからご覧ください。
また、今回のイベントで使用したBGMの曲目リストをこちらに置いています。よろしければご活用ください。

打ち上げにて。後藤雪絵さんのtwitterから拝借しました。

あと3日で開演です。

気がつけば、「tuki no fuchi san」まであと3日になりました。開演までの準備は今回も着々と進めています。

今夜月を見上げたときに「けっこう大きな月だな、ちょうどイベントの日には満月になりそうだ」と思ったんですね。それで調べてみると、26日は満月の夜だそうです。前回も満月の次の日に行ったんですよね、あんまり自覚はしていないのですが。

ただ、予報では26日の夜は雨になりそうです。para-diceは天神橋筋商店街の中にあるので最寄りの駅からはあまり濡れないと思いますが、それでも足下の悪い中でのご来場になるかと思われます。お気をつけてお越しくださいませ。

いったんpara-diceに入ってしまえばそこは「楽園」、素敵な出演者を迎えて皆様をお待ちしております。そんな素敵な出会いを、是非とも楽しみにしています。

PS.数日前に、個人ブログのほうでイベントの紹介をしてみました。こちらもあわせてご覧いただけるとありがたいです。

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問い合わせ